駐車場から次々に車を出す感覚が爽快感バツグン!「パーキングジャム3D」をレビュー

 

「車に乗ったら人が変わるね」

こんなこと言われたことはありませんか?

私は、車に乗るとイライラしているようで、言われることが多いんです、、、

しかし、あなたもイライラしたくてしているわけではないですよね。

車に乗ったときに、イライラする原因って、他の車が自分の思うように動いてくれないからですよね。

自分が思うように車を動かせたら、さぞ気持ちいいだろうなあ、と思いませんか?

今回、紹介するゲームは、そんなイライラを少しでも解消できるかもしれないものです。

そのゲームが、「パーキングジャム3D」です!

どのような内容のゲームか見ていきましょう。

駐車場から車を空にするパズルゲーム

このゲームは、駐車場に敷き詰められた車を1台ずつ動かして、駐車場を空にするパズルゲームです。

ルールは簡単、駐車場から車を出す、たったそれだけです。

車は、前進とバックの2方向のどちらかに進むことができます。

なので、駐車場内で曲がることはできません。

ステージによっては、駐車場内に障害物や人がいる場合があります。

障害物や他の車にぶつけても大丈夫ですが、人にぶつけるとゲームオーバーとなるので、気をつけましょう。

まあ、人を轢くのは絶対にダメですから、そこは常識ですね。

ただ、障害物や他の車にぶつけても大丈夫な仕様は、ストレス発散になりますよ(笑)

ぶつけていいのはゲーム内だけですからね!

ちゃんと交通ルールは守りましょう!!

ゲームモードは、通常ステージとチャレンジステージの2種類に分かれています。

通常ステージは、特に制限なく、駐車場を空にしていくステージです。

チャレンジステージは、通常ステージが一定のレベルに達すると、解放されていきます。

チャレンジステージでは、車を移動できる数に制限が課されます。

最初のうちは、制限があると言っても普通にクリアできるレベルなので、ストレスなくプレイできると思います。

自分好みに車種や背景の変更が可能

このゲームでは、ステージの車種や背景を、カスタマイズして楽しむことができます。

カスタマイズできる要素は、車種背景障害物となる人物の3つです。

車種は、トラックやスーパーカー、そり等があります。

コインを消費して増やしていくことができます。

背景は、アウトドアや工事現場、アイスランド等があります。

背景は、通常ステージをクリアしていくことで、増やしていくことができます。

人物は、おばあちゃんやスマホ持ったお姉さん、配達員等があります。

チャレンジステージのクリア数に応じて、増やしていくことができます。

特に変更したからといって、難易度が変わったりとかはありません。

ステージ数がものすごく多いので、気分を変える要素として、あれこれ変更してみると、新鮮な気持ちでプレイできそうです!

通常ステージを250まで到達すれば、4つ目の変更項目も解放されるようです。

私はまだ、250まで到達していないので、4つ目解放に向けて、絶賛プレイ中です!

街を育てていく箱庭要素もあり

このアプリは、駐車場のパズルだけではありません。

手に入れたコイン等を使って、街を発展させていく箱庭要素もあります!

家の部分と家の周りの部分の2つの部分を成長させていくことができます。

家のレベルを上げるには、コインを消費して成長させることができます。

成長させていくのは、1軒ずつとなります。

次の家を建てるには、前の家のレベルを最大まで上げる必要があります。

家の周辺のレベルは、広告を見ることで、成長していきます。

建てた家からは、一定時間経過で、定期的にコインを手に入れることができます。

こちらもコインを入手できる以外、通常のプレイに影響はありません。

街が徐々に発展していくのを眺めるのも、プレイの合間の息抜きになって、良い要素だと思います。

広告を見る頻度はけっこう多め

ほぼ無料でプレイできる、すばらしいゲームですが、広告を見る頻度が多いのが、気になる部分です。

まず、1ステージか2ステージクリアごとに広告が入ります。

広告は、だいたい30秒ほどの長さです。

1ステージをクリアするのは、およそ10秒〜20秒くらいです。

広告の方が、時間が長いことが多いので、体感的に広告の頻度は、多く感じてしまうかもしれません。

その他、広告を見る場面は、いくつかあります。

コインを得るため、新たな背景を獲得するとき、街の周辺を成長させるため、1度クリアしたチャレンジを再プレイするときなどです。

あらゆる場面で、広告を見ることになります。

私も、プレイしていて、やはり広告が多いなあ、とは思います。

人によっては、嫌になるかもしれません。

ただ、1つだけ解消できる方法があります。

言わずもがなですが、課金です。

このアプリの唯一の課金が、広告を消すための課金です。

値段は、370円です!

このゲームを370円で買うと考えれば、課金する価値はあるかなと思います。

まずは、プレイしてみて、広告の頻度を確かめてから、課金へ進んでみてください。

まとめ

さて、「パーキングジャム3D」の概要から少し残念なところまで、紹介してきました。

全体的には、非常にシンプルな内容なので、誰でもプレイしやすいゲームだと思います。

車の移動も、人にさえぶつけなければ問題ない仕様というのは、良心的で好印象です。

むしろ、コインを得るためのミッションには、車をぶつけるというものもあるくらいですから(笑)

カスタマイズ要素も集めていくのが楽しく、良いアクセントになっていると感じました。

車に乗ってイライラした日は、このアプリで発散してしまいましょう!

気になった方は、ぜひアプリをダウンロードしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です