「ポイ活するならモッピー」そのキャッチコピーに偽りなし!話題の【モッピー】をレビュー

 

テレビなどでも紹介されることのある「ポイ活」という言葉。

少し前からトレンドになっているかと思います。

テレビでは、スーパーやドラッグストアなどの各種店舗のポイントカードや支払い方を工夫してポイントを貯めていく方法を紹介したりしてますよね。

その「ポイ活」に一役買ってくれるのが、ポイントサイトというものです。

ネットで調べると、いろいろなサイトが出てきます。

数あるポイントサイトの中で「モッピー」というサイトがポイ活No.1なのだそうです。

本当にポイ活に役立ちそうなのか、紹介したいと思います。

モッピーとはどういうサイトなのか?

モッピーは、もちろんポイントサイトと呼ばれる、モッピーのサイト内で独自のポイントを貯めていけるサイトです。

モッピーのサイトには、いろいろな広告が掲載されているのですが、その公告から、ネットショッピングやクレジットカードの新規登録、各種セミナーの予約などを行うと、ポイントが貯まる仕組みとなっています。

貯めたポイントは、現金や電子マネー、ギフト券などに交換することができます

私も実際に、登録してみましたが、モッピーでは大まかに4つのポイントの貯め方があるように紹介しています。

①無料広告

これは、ポイ活初心者向けの貯め方ですね。

基本的には、無料広告をタップするだけでポイントが貯まっていくので、暇なときにポチッとするだけでポイントが貯まりますよ!

中には、無料の資料請求や会員登録などもあるようです。

しかし、最初は無料でも、登録などをしたサービスの中には、後で料金が発生するものもあると思いますので、どのようなサービスかしっかりチェックしましょう。

②ネットショッピング等で貯める

本格的にポイ活するなら、この貯め方が必須となります。

文字通り、ネットショッピングやクレカ発行などモッピーの広告経由で実際に買い物などをしていってポイントが貯まります

普段の買い物をネットショッピング中心にしていくだけでも、けっこうポイントが稼げるのではないでしょうか?

私は、けっこう楽天を利用することが多いですが、モッピー経由で楽天で買い物するだけなので、めちゃくちゃお得だと感じています。

③ゲームやアンケートで貯める

モッピーには、各種ゲームやアンケートのコンテンツがあり、それらを利用するとポイントが溜まるようになっています

ゲームには、スロットや漢字テストなどがあります。

ゲームは日ごとに回数制限があるものもあるので、毎日こつこつやっていかなくては行けません。

アンケートも回答するだけでポイントがもらえます。

ただ、どちらもポイント率は低いので、おまけ的な要素って感じです。

個人的には、漢字テストはおすすめです!

④SNSの紹介で貯める

ブログやInstagramに投稿し、その投稿先からモッピーに会員登録すると、ポイントがもらえる仕組みもあります。

毎月1回の投稿で、50P

1件の会員登録で、300P

という内訳です。

うまく、勧誘できれば、かなりのポイントが稼げそうですね!

実際にめちゃくちゃ稼いでると記載もありますので、うまくSNSも活用しましょう。

どのような案件があるのか?

紹介によるポイント獲得も魅力的な要素ですが、広告からのポイント獲得が、モッピーの本筋ですので、どのような案件があるのか見ていきたいと思います。

上の画像を見ていただくと、お分かりかと思いますが、モッピーの取り扱い広告のジャンルはけっこう多いです。

なので、どれから手を付ければ良いか目安になるように、個人的なおすすめジャンルと高還元率のジャンルを紹介します。

個人的おすすめジャンル

総合通販

ネットショッピングを利用することでポイントが貯まります。

楽天市場・・・0.5%1.0%
Yahoo!ショッピング・・・0.5%1.0%
auPAYマーケット・・・1.0%
セブンネットショッピング・・・0.5%2.4%
ロフトネットストア・・・0.5%5.0%
ニッセン・・・1.0%4.0%
など、、、

楽天やYahoo!など、おそらく普段よく使っているショッピングサイトが1つはあるのではと思います。

TVショッピングのサイト系は、還元率が高くなっています。

その他、JTBや羽田空港のショッピングサイトなど種類も多様なので、ネットで買い物する際は、モッピー経由でしていくとポイントがかなり稼げそうですよ!

エンタメ系

エンタメ系のショッピングサイトも豊富です。

ゲオオンラインストア・・・1.0%2.0%
プレミアムバンダイ【初回購入】・・・8.0%
スクウェアエニックスe-STORE・・・1.0%
e-CAPCOM・・・0.5%1.6%
アニメイトオンラインショップ・・・0.5%1.8%
トイザらス・・・1.8%
など、、、

ゲームやホビーなど、お店が近くにないので、ネットを利用する人も多いでしょう。

子供へのプレゼントの用意にも重宝するサイトも多いと思うので、モッピーを利用すればポイント化できますよ。

旅行

旅行サイトを利用し、予約又は宿泊でポイントが貯まります。

楽天トラベル・・・0.5%1.0%
じゃらんnet・・・0.5%1.5%
Booking.com・・・2.0%4.5%
JTB・・・0.5%1.5%
エクスペディア・・・0.5%5.0%
など、、、

国内旅行くらいだと、自分たちで手配する人も多いと思いますが、ホテルの予約宿泊をモッピー経由で行うとポイントが貯まってお得です。

サイトによっては宿泊料金も安く利用できる場合もあると思うので、使ったことがない方は、ぜひ旅行をポイント化してみてはどうでしょうか。

ポイント還元率の高いジャンル

通信回線

auひかり・・・6,000P45,000P
GMOとくとくBBドコモ光・・・1,500P30,200P
SoftBank光・・・5,000P15,000P
NURO光・・・300P15,000P
ビッグローブ光・・・3,000P15,000P
など、、、

通信回線の開通は、高ポイント化しているときが多いようです。

通信回線はいずれかは利用しているとは思いますが、サービスの変更を検討している方は多いのではないでしょうか。

モッピーで高ポイント時に、変更すれば、お得にポイントも貯まりますね。

証券会社

SBI証券・・・4,000P17,000P
楽天証券・・・100P4,000P
auカプコム証券・・・4,000P8,000P
マネックス証券・・・7,000P
など、、、

証券会社のポイントは、会社によって差はあるものの、高いポイントに設定されているものが多いです。

口座開設と初回取引等を完了することが条件となっているものが多いです。

ポイント狙いで口座開設するのも良いですが、証券の取引自体は、よく中身を理解した上で利用するように気をつけてください

不動産セミナー

プロパティエージェント・・・5,000P30,000P
センチュリー21・・・9,000P18,000P
セカンドオピニオン・・・10,000P20,000P
JPリターンズ・・・1,000P18,000P
など、、、

不動産セミナーのカテゴリーは、ポイントサイトではよく取り扱われているようで、ポイントも高く設定されています。

セミナーに参加すれば、ポイントが加算されます。

セミナー参加の条件として年収500万円以上などの条件がある場合があるので、よく確認してください。

このようなセミナーは、不動産を理解する上でも、知識として持っておいて損はないと思いますので、時間があれば1度参加してみても良いと思います。

貯まったポイントの使い方とは?

モッピーで貯めたポイントですが、電子マネーやギフト券などに還元して、初めて利用することが出来ます。

現在は、下記のものと交換できるようになっています。

・現金(銀行振込)
・Pontaポイント
・楽天ポイント
・nanacoポイント
・dポイント
・WAONポイント
・Tポイント
・LINEポイント
・PayPay
・Webmoney
・Amazonギフト券
・AppStoreギフトカード
・GooglePlayギフトコード
・JALマイレージバンク
・ドットマネー
など、、、

書き出しただけでも、かなりの交換先があることが分かります。

おそらく皆さんが普段から利用しているであろう主要なポイントも揃っているのではないですか?

なかったとしても、最終的に現金還元できるので、損することはないと思います。

交換レートも1P当たり1円で、交換できるものがほとんどです。

中には上記のように、キャンペーンを行っている交換先もあるので、キャンペーンに合わせて交換していくのもおすすめです!

まとめ

いかがだったでしょうか。

モッピーの概要からポイントの使い方まで、説明してきました。

メリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

登録されているサイトの種類が多い

ポイントアップ時の上がり幅が大きい

ポイントの交換先において、主要ポイントが揃っている

デメリット

ANAマイレージの交換はできない

マイレージの交換レートが、2ポイントで1マイル

デメリットについては、マイレージを利用しない方にとっては、全く問題のない範囲ですね。

結果的には、利用すれば何かしらメリットは感じられるサービスだと思います。

気になったサイトや普段使う通販サイト等がある方は、ぜひモッピーでポイ活を始めましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です